手形交換高減少傾向

MENU

手形交換高減少傾向手形交換高減少傾向

日本貸金業協会発表の平成30年9月末現在全国の貸金業登録業者は1800社(1745社)を下回り。
うち日本貸金業協会会員は1100社(1091社)を切りました、登録業者・協会員数ともに減少傾向が続いています。

平成29年一年間の東京手形交換所管内の手形交換高は139兆円(対前年比14%減)、月平均11兆円となりました。

平成30年10月の東京手形交換所管内の交換高は9.3兆円と10兆円を下回りました。

平成30年10月の大阪手形交換所管内の交換高は15.2兆円と東京を大幅に上回りました。
なお、でんさいネットの平成30年10月発生記録請求金額は1.6兆円、残高は6.0兆と微増傾向でした。

pagetop

上に戻る

  • 03-3735-0527
  • WEB診療予約